FitBOXスピンバイクの特徴3選

  • 最高レベルの無音性能!究極のサイレントスピンバイク
  • 実は心拍計の正確さが隠れたウリ
  • 低身長~高身長まで乗れる!あらゆる調整幅が大きいのも魅力

 

「スタイリッシュな外観」「最高性能の静音性」を備えた、非接触マグネット負荷方式のスピンバイク。

 

負荷レベルの調整幅も広く軽いフィットネスから本格的なペダリングまで、目的に応じたトレーニングができます。

 

サイクルコンピューターが優秀で、特に心拍数の測定精度に関しては、他のスピンバイクよりも優れた性能を有しています。

 

価格帯は決して安くないにも関わらず、アマゾンで爆売れ!「入荷待ち状態」になること複数回確認済み。

 

  • メーカー:FitBOX
  • 重量:33kg
  • サイズ:幅:27cm 奥行き:88cm 高さ:108cm
  • 推奨身長:145cm~180cm
  • 耐荷重:100kg
  • 駆動方式:マグネット負荷方式
  • ホイール重量:-
  • フロアマット:無し
  • サイクルコンピューター:付属

特徴を一言で言うなら・・・

スタイリッシュな見た目と最強の静音性。機能面も文句なしのスピンバイク

★FitBOXは公式サイトが安いので注意!

  • 1年保証付き
  • 送料無料

↓↓↓

FitBOXスピンバイク公式サイト

 

FitBOXスピンバイクの特徴

最高レベルの無音性能!究極のサイレントスピンバイク

一般的なスピンバイクは「摩擦」により負荷を発生させます。フェルト部分とフライホイールが常に接触した状態で負荷を与えるので、当然ながら無音ではありません。

一方、FitBOXは「摩擦による負荷」ではなく「マグネットによる負荷」を与える構造です。つまり、「物理的な接触部位が無い」→「だから限りなく無音」という静音性を実現できているのです。

(※ペダリングをする際の、ペダルを回す音は生じます。「ペダルが空気を切り裂く音」と言えば伝わるでしょうか?)

実は心拍計の正確さが隠れたウリ

あまり着目されていませんが、心拍計の「機能性・正確さ」に定評アリです。若干の測定タイムラグはあるものの、性能的には十分使い物になるレベルです。

実は、業界のガリバーである「ハイガー産業」の製品においても、心拍計はあまり使い物にならないんです・・・。

FitBOXの値段が高い理由は、心拍計の優秀さにも!ココにも隠れた理由があるのです!

低身長~高身長まで乗れる!あらゆる調整幅が大きいのも魅力

見た目がスタイリッシュなだけでなく、あらゆる調整レンジが幅広いのも魅力です。

具体的には、

  • 負荷強度の調整幅、特に高強度の負荷には定評あり
  • 小柄~大柄な体格まで、使用可能な身長が幅広い(145~180cm)
  • シートの前後調整幅

負荷が高いハードトレーニングにも適しています。

 

また、地味ですが重要なのがシートの前後調整幅。

実際に乗ってみるとわかりますが、「シートの位置」と「ハンドルの位置」がしっくりこないと非常にトレーニングしづらいのです。

FitBOXの場合、シートの前後調整幅が「0~7cm」と比較的調整しろが大きいので、自分にミートする位置に調整できるので安心です。

 

なので、145cm~180cmと幅広い体型の方が使用可能なのです。

実際にアマゾンレビューでも、153cmOK、180cmOKと口コミがあります。

↓↓↓

特徴を一言で言うなら・・・

スタイリッシュな見た目と最強の静音性。機能面も文句なしのスピンバイク

★FitBOXは公式サイトが安いので注意!

  • 1年保証付き
  • 送料無料

↓↓↓

FitBOXスピンバイク公式サイト

 

目的別にスピンバイクを選びたいのなら

→静音性ランキング

→安全性ランキング

→外観

→低身長でも乗れる

→高身長でも乗れる

→移動できる

→機能性

→組み立てが容易な商品

→心拍数が測定できる

→ブランド(メーカー)で選ぶ

→ハードトレーニングできる

→ハイガースピンバイクを徹底比較

→一覧表でスペックを比較!

→【決定版】スピンバイクのオススメ

→【エアロバイク】vs【スピンバイク】の比較